名盤の紹介

知られざる名盤 「MARK FREE / LONG WAY FROM LOVE」

アメリカのハードロック・バンド、KING KOBRAUNRULY CHILDのボーカル、MARK FREEの1993年のソロ・アルバム「LONG WAY FROM LOVE」が大好きだ。

今でも年に数回はCDで聴いている。スマホでもなく、カーステでもなく、CDでスピーカーの前で聴いているということだけで、どれだけ好きなのかは想像してもらえると思う。

残念ながら当初からハードロックやヘビーメタルの分野で紹介されていたのであまり知られていないと思う。シャウト系のボーカル・スタイルだと思うのだが、それほどハイトーンでもなく、甘ったるいわけでもなく、適度に高音で多少ハスキーがかった声が丁度良くて気持ちがいい。

そしてこのソロアルバムなのだが、楽曲の出来と配置が抜群にいい。とにかく全曲歌えるくらいメロディがいい。

出だしから1曲目、2曲目とフックの効いたミディアムテンポのロックでグッと引き寄せ、3曲目に泣きのというよりカラっとした感じのバラード、中間もメロディアスな楽曲が続き、ついに究極の名曲「LONG WAY FROM LOVE」。

1993年に審査員をやっていたらこの曲にレコード大賞を上げたい。ちあきなおみの「喝采」と同じくらいいい。それくらいの名曲だと思っている。

このアルバムの後、性転換手術をして名前もMARCIE FREEとして活動をしているが、このアルバムを超える作品には出会えていない。メディアや評論家にたたかれてもいいので、是非このアルバムのような作品をまた出してもらいたい。

売れた、出来がいい、音が、歌が、演奏が、テクニックが、いろいろあると思うが、要は好きかそうでないかだと思う。

応援しながらあまり期待しないで待つことにしよう。

 

名盤の紹介
最新情報をチェックしよう!
>マニアックな品揃えと言えば「aeromamas2000」

マニアックな品揃えと言えば「aeromamas2000」

日本一の超幅狭いジャンルではございますが、LP(レコード)、CDだけでなく、この曲だけはシングル盤で持っていたいという、私に似ている方(笑)のために、7"(7インチ)、12"(12インチ)およびCDシングルなどにも気を配り、数より質(というよりはオーナーの好み)中心のラインナップになっております。ぜひショップをご覧ください!

CTR IMG