「アランフェス協奏曲」はJAZZ名盤がいっぱい

誰もが知っているロドリーゴの「アランフェス協奏曲」、ジャズメンが好んで取り上げるクラシックの名曲。

私が選んだ2枚は、MILES DAVISの「SKETCHES OF SPAIN」とJIM HALLの「CONCIERTO」だ。どちらも素晴らしいアレンジと演奏で、大ヒットしたのでほぼ妥当な選択だと思う。

個人的に1番好きなバージョンは、RETURN TO FOEVERの「LIGHT AS A FEATHER」の中の「SPAIN」のイントロ部分だ。

CHICK COREAがエレピでさらっと弾く本当に短い演奏だが、そこをもっと長く弾いてほしいと思わせる美しい演奏だ。

これがハマって「SPAIN」が入っているCDを見るとつい買ってしまうのだが、未だにこれを超えるものに出会っていない。

「SPAIN」中毒者の末期症状といってもいいかと思う。

話はそれたが、このアランフェス協奏曲に歌詞を付けて、ジャズ・ボーカルの名曲に仕上げたのが日本が誇る名ボーカリスト伊藤君子さんだ。

CD「FOLLOW ME」のタイトル曲。ボーカルといい、アレンジといい、バックの演奏、中間のスパニッシュ・ギター・ソロ、すべて完璧。カバーとしてではなく、完全に個性的な別の曲にしてしまっているのに、あの旋律はしっかりと主張している。後に日本映画「イノセンス」の主題歌としても再録されている。

最後にもう1枚、日本のヴァイヴ奏者、大井貴司の「BLUE ARANJUEZ ’92」というCDがある。

ピアノ・トリオをバックにヴァイヴでスペインの曲を演奏しているCDで、「恋のアランフェス」もしっかり入っているのだが、もう1曲「アルハンブラの思い出」も入っている。

これがまた最高で、静かなスタートでヴァイヴがあのメロディを奏で、途中でリズムが入り快適なテンポでスイングし、最後に透き通った声で女性のスキャットが入って終了という、本当に気持ちのいいエンディングになっている。

まだまだ自分のアランフェス探しは終わりそうもない。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>マニアックな品揃えと言えば「aeromamas2000」

マニアックな品揃えと言えば「aeromamas2000」

日本一の超幅狭いジャンルではございますが、LP(レコード)、CDだけでなく、この曲だけはシングル盤で持っていたいという、私に似ている方(笑)のために、7"(7インチ)、12"(12インチ)およびCDシングルなどにも気を配り、数より質(というよりはオーナーの好み)中心のラインナップになっております。ぜひショップをご覧ください!

CTR IMG